Tak's blog

家を建てると決めた日に始めたブログ

外張り断熱

家は和風の方が好きだ。しかし今時の家は、特徴を感じないどころか皆同じに見えてしまう。コストを考えるとそうなってしまうのかな~仕方がないことだろうか。

和モダンって言う言葉がある。古き良き日本建築との融合~。どちらも心をくすぐる言葉だ。モデルハウスを見て「これいいなぁ」と思う家が何軒かあった。他にもまだ見ぬ優れものはあるのだろうが…。

もりぞう http://www.mori-zou.com/

日本ハウスHD http://www.nihonhouse-hd.co.jp/topics/ginga/

住友林業 http://sfc.jp/ie/lineup/

 

以前、ヨーロッパの100年前の家とか200年前の家とかを紹介する番組を見たことがある。その時まで知らなかった「外張り断熱」の言葉。日本ではコスト面であまり使われることはないとの話だった。しかし番組以降、よく耳にするようになった。

さて、ヨーロッパの家は、なぜ長持ちなのだろう?シロアリが居ない地域だから?それもある。しかしこの外張り断熱も理由の1つらしく現在はわからないが当時、ドイツでは内断熱で家を建てることはないと言っていた。何年前の番組だったのか覚えていないが「外張り断念」っていいなぁ~と印象を持ったことを思い出した。

http://www.e-life.jp/builder/column/insulation/page04.html

内、外、断熱の方法は好き好きだと思う。今、私は外張りに魅力を感じている。断熱方法を選択できるハウスメーカーもあるようだ。だから断熱は外張りと言い切る「もりぞう」が私は好きかもしれない。

f:id:taka104038:20170402122922j:plain