Tak's blog

家を建てると決めた日に始めたブログ

営業担当者

セキスイハイムでは年に一度、展示家屋のリユース抽選がある。申し込めば数千万円の家が格安で手に入る。な~わけで見学したときに申込書を送ってもらう約束した。そして到着。で、この間、応募しようかしまいか葛藤が続きが続いた。セキスイハイムは候補の1つであったのでセキスイハイムで建てることになったとしても自身は納得しているはずだった。和風希望も一時のもので内装で頑張ればいい。と思いつつ…

結果、申込書は送らなかった。宝くじと同様に当たる確率は皆無に近い、でも買わなければ当たらない!なんだけど~当たる確率が低い…いや当たらないものに出す出さいと悩むことは労力は無駄じゃないのか?でも「セキスイハイムリユースは魅力」と~心が揺れ動いた結果の行動だったのだろうと思う。

ネットである記事を見かけた。家づくりのビフォーアフター🎵情報を集めている人のブログだった。その文中に「営業担当者しだい」の言葉が目についた。どのハウスメーカーも特色がありケチをつければ幾らでもつらられるが、良いところもたくさんある。こうなると好みで決めるのが一番だろう。しかし、最も重要なのは営業担当者だと書いてあった。営業担当者は選べない。一番最初に展示場で対応した営業さんが自分の担当になってしまう。これはこの業界では常識らしい。要するに運だ!

アフターケーについては、アフターケアが良いハウスメーカーではなく、アフターケアーが良い営業担当者が本当の所で、営業担当者が外れれば一流または評判の良いハウスメーカーでもアフターケアは外れと感じるのだということらしい。

ネットを徘徊するとある有名ハウスメーカーのアフターケアーを絶賛する人と最低呼ばわりする記事がある。有名なハウスメーカーだからかな?と思ったが、徘徊すればするほどそうでないことがわかった。悪口に似た記事やメーカーの回し者?的な記事と様々書いているが皆さんの記事に嘘はないと思った。評価記事も直接的な表現ではなくても何度も読み返すと文章の陰に営業担当者の影をチラホラ感じる。営業担当者自身の資質もあるだろうが相性による評価が記事になっているようにも思った。地元工務店だから良くないわけではない、現状でアフターを重視している工務店もある。運かぁ~

なるほどねー。ある意味、重要ポイントかもしれない!