読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tak's blog

家を建てると決めた日に始めたブログ

営業さん

営業さんって自社製品を売り込むために他社より優れていることをアピールする。営業職とはそうゆうものだから当然!と言えば当然のこと。しかし営業さんの言葉をそのまま鵜呑みするか誇張していないかを見定めるのは消費者側の責任だと思う。 モデルハウス巡…

ヒヤリング

建築士さんが今住んでいる家の様子から色々聞いきて、それに答える。「ふんふん~はいはい」。鉛筆を走らせ、返事しながら何やら頭の中に家を建てている様子。一階部分から二階とある程度の形が見えてきていたようだった。 話も、モデルハウスを見学している…

高気密高断熱住宅

最近よく目に付くこの文字。調べてみると、気密性や断熱性に優れていて夏は涼しく冬は暖かく、部屋の空気を一定の温度に保つ省エネの家のことを言うようだ。この高気密高断熱、数値化されていて素人でも解るようになっている(驚)。「C値・Q値・UA値」で表さ…

シロアリ

キノキ、スギ、ヒバと寒暖の激しい地域で育った日本の材木はシロアリに食われにくいと良く言うが「絶対」の保証はない。しかし「築100年超の旧家を移築した」なんて話は良く聞く。もちろんシロアリにやられてる訳はない。謎だ ヨーロッパ材は見た目も質感も…

外張り断熱

家は和風の方が好きだ。しかし今時の家は、特徴を感じないどころか皆同じに見えてしまう。コストを考えるとそうなってしまうのかな~仕方がないことだろうか。 和モダンって言う言葉がある。古き良き日本建築との融合~。どちらも心をくすぐる言葉だ。モデル…

サイト巡り

家の予算って、どの範囲で考えるだろう?若い頃に親に建ててもらったなんてのは地方では良くある話なので参考にはならないが、夫婦で住宅ローンを返済している友人は、この年になると多くいるので参考になる。 一番気になるのワードは「坪単価」。建築関係の…

展示場

2017年2月、横浜の展示場見学ツアーに参加した。 もりぞうの営業担当者から誘われたのだが。最初の誘いは日程があわなかったしバスに抵抗を感じたので申し込まなかった。数日後、定員オーバーだったのかな又誘いがあった。今回の日程は大丈夫だったが、バス…

営業担当者

セキスイハイムでは年に一度、展示家屋のリユース抽選がある。申し込めば数千万円の家が格安で手に入る。な~わけで見学したときに申込書を送ってもらう約束した。そして到着。で、この間、応募しようかしまいか葛藤が続きが続いた。セキスイハイムは候補の…

友人たちの話

2016年暮の慌ただしい中、大筋で色んな事に結論を出しておこうと思った。 建築関係の友人は多い、一級建築士で個人経営のIA、家業の工務店を継いで一級建築士の資格を持つIS、個人向けの家を手掛ける某建築会社の役員のIKなど。当然のことながらこの年…

木曽路は山の中である

2016年10月の下旬だったかな、Kの会社へ工場見学に行った。ハウスメーカー「もりぞう」の見学ツアーも定期的に行われているようだったがバスに弱いのと知らない場所ではなかったので、ついでと言っては申し訳ないが、学生時代に世話になった親父さんにお線香…

タイミング

2016年9月、家を建てることが2~3年先になることで心が折れかかっていたこの時期、大学のT部とK部の合同OB会があった。この集まりで、T部である私はK部の連中とは久しぶりの再会で楽しい時間を過ごす中、Kと話す機会があり「家を建てたい」が心が折れかかって…

宅地申請

妻の所有している土地は農地。 ここを宅地申請すれば家は建つかな。 市役所に聞いたら多分大丈夫だろうとの答え。しかし今年度の転用の受付は終了していて次は2年先だと... 話は変わる。今、住んでいる家。 もう20年以上前の話だが妻が嫁いで5年ぐらいが経…

ある出来事、最初のきっかけ

車3台は同じ駐車場を借りている。 1年前ぐらいだったかここの大家さんから「ここを買いませんか?」と言われた。当時、家を建てることなど考えていなかったので購入してもよいと思った。 しかし、話が進むにつれ大家さん側に問題が起きたらしく結局、ない話…

家を建てようと決めた日

1年くらい前の2016年春、ある出来事がきっかけで「家を建てよう」かなと考えるようになった。 ここは都会と違い車社会、現在の住まいは路地を入って50mほどの所で車が入らない。5人家族で車が4台というこの辺では普通な感じだ。 多少の不便を感じるが、数…